不動産投資

不動産投資のメリット:資産形成、生命保険効果、節税効果

投稿日:2015年12月8日 更新日:

ここでは不動産投資のメリットについて説明したいと思います。

 

メリットは様々あると思いますが、私が実感しているメリットは「資産形成」「節税効果」「生命保険効果」です。

 

「資産形成」は前節でも述べたように、安定的な賃貸経営ができた場合、ほとんど他人資本のみで物件の購入からローンの完済ができてしまい、ローン完済後は土地も建物もすべて無担保の自己資産とすることができます。

 

次に「節税効果」についてですが、不動産投資では、給与所得とは別に家賃収入を「不動産所得」として確定申告することができます

そして賃貸経営での収支が帳簿上赤字となった場合、給与収入と損益通算をし、納めすぎた「所得税」を還付することが出来ます

賃貸経営の場合、毎年のランニングコストとして、修繕積立金や管理費、ローン返済の金利分、固定資産税や建物の減価償却費が「経費」と計上できる他に、これまでただの「消費」だった家庭の電気代、携帯電話やインターネットの契約料、ガソリン代などの一部を「経費」として計上できます

著者も不動産投資後は「収入」は上がったものの課税対象となる「所得」は下がり、毎年所得税の還付を受けています。

 

最後は「生命保険効果」です。

ある一定以上金額を借り入れる場合、ローンには銀行の指定する「団体信用生命保険」が組み込まれます

借入人に万が一のことがあった場合、ローンの残額は団体信用生命保険によって完済され、家族には無借金で物件(資産)と毎月の家賃収入(キャッシュフロー)が残ります。

普通の生命保険は自分でお金を払いますよね。

しかし、不動産投資の場合、団体信用生命保険料が組み込まれたローンの返済は他人(賃借人様)がしてくれます。

また、それでも余ったお金が毎月手元に残ります。

著者も「生命保険効果」を狙った資産価値が高い東京の物件を数個所有し、普通の生命保険は葬式と御墓が建てられる位の保険料がもらえる程度に絞っています。

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

販売図サンプル

収益性の計算方法:4つの利回り計算法

不動産投資で収益性を「利回り」という言葉で表します。 この利回りには大きく分けて「表面利回り」、「想定利回り」、「実利回り」、「投下利回り」があります。 これらの違いを、私が過去購入した物件を事例に見 …

2棟目ゲットだぜ!

本日、融資実行、売主様への着金確認が取れたとの連絡がありました。 アパート2棟、区分所有4戸、合計20室のオーナーになることができました!   でも、ここからが勝負! ローン残高はすでにサラ …

16年決算&確定申告

先日 e-tax にて平成28年分の確定申告完了しました。 今年の賃貸業の成績は・・・ 総家賃収入は約750万円。 ここから約500万円の減価償却費と約200万円の借入利子をマイナス。 さらにその他も …

業績低迷で家賃送金できないってどゆこと!?

不動産賃貸経営って安定してると何もやることないですねぇ~。 ここ1年くらいは常に19室/20室くらいの入居率が続いてます。 なぁ~んにもイベントが無いもんだからネタもなくブログもすっかりさぼってました …

家賃滞納 キター!!

愛知県名古屋市の区分所有物件。 購入時に少しでも利回り確保するために「自己管理」にしてしまった物件。 これまで何もトラブル無かったのですが、遂に起きてしまいました。 家賃滞納トラブル!! 先月と今月の …