不動産投資

不動産投資のリスク

投稿日:2015年12月10日 更新日:

不動産投資に潜むリスクを一言でいうと予定していた収支が上がらないということですね。その要因としては主に以下の4点があげられます。

 

1. 空室リスク
所有している物件が空室となった場合は家賃収入が得られません。

しかし、毎月の管理費や修繕積立金、ローンの支払いは空室だろうが待ってはくれません。

最悪自分の財布から持ち出しが必要となってしまいます。

空室は避けられません。賃借人様が退去してから素早く原状回復、客付を行う仕組みを作っておくことが重要となります。

 

2. 滞納リスク
ある意味空室より性質が悪いのが滞納リスクです。

滞納が何か月も続くと空室時と同様、ローンの支払いにも影響してきます。物件を自己管理している場合、自ら賃借人様や保証人様に電話をしたり、状況に応じて督促状を送付したりと多くの時間を奪われます。

滞納が長引けば長引くほど滞納金すべてを回収することは困難になります。支払請求滞納発生時に素早い処置を取ることが重要となります。

 

3. 家賃下落リスク
築年数が経過すると建物自体や設備の老朽化が進み、それに伴い通常家賃は徐々に下落していきます。

物件購入時に築年数ごとの周辺家賃相場を調査し、下落を想定したシナリオを検討し投資判断することで家賃下落によるリスクを抑えることが重要となります。

 

4. 自然災害リスク
地震等の自然災害により建物が破壊され、人が住めない状態となり、家賃収入が無くなり、さらに高額な修繕費が必要となるリスクです、最悪の場合、賃貸業から撤退しなければなりません。

災害マップを確認し、リスクが少ない場所を選ぶこと、投資エリアを分散すること、新耐震基準の建物を選ぶこと、地震保険に確実に加入することでリスクを抑えることが重要となります。

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

16年決算&確定申告

先日 e-tax にて平成28年分の確定申告完了しました。 今年の賃貸業の成績は・・・ 総家賃収入は約750万円。 ここから約500万円の減価償却費と約200万円の借入利子をマイナス。 さらにその他も …

販売図サンプル

収益性の計算方法:4つの利回り計算法

不動産投資で収益性を「利回り」という言葉で表します。 この利回りには大きく分けて「表面利回り」、「想定利回り」、「実利回り」、「投下利回り」があります。 これらの違いを、私が過去購入した物件を事例に見 …

不動産投資本を読んでみる

不動産投資を始めるにあたり、不動産投資関連本を読みまくりました。   購入したもの以外に図書館で借りたのを含め少なくとも50冊は読んだと思います。   諸先輩方の貴重な経験から生み …

no image

不動産投資の醍醐味“レバレッジ”:他人のお金で儲ける!

もうお気づきかと思いますが、銀行から借入し物件を購入した方が利回りが良くなり、資金回収期間が短くなりますね。   このように他人資本を利用して、自己資本の利益率を高めることを「レバレッジ」と …

家賃滞納

家賃滞納 継続中

前回の記事を投稿した翌朝、もう一度賃借人様に電話したのですが、出ませんでした。 さらに保証人である賃借人様のお父様にお電話を差し上げてもお出にならず、 ますます悪い想像が膨らむばかり。 ・・・と思って …