事業に必要な道具をそろえました。

1. 印鑑(実印、銀行印、認印)
1つの印鑑で実印、銀行印、認印すべてを兼用していませんか?

実は私がそうでした(笑)。

過去の私と同じ状況の方は不動産賃貸業開業を機に是非きちんと印鑑作りましょう。

それぞれの印鑑の役割、作る際のおすすめ書体サイズは以下の通りです。

◆実印
印鑑登録をして社会的にも法的にも効力を持つ印鑑です。
実印には偽造しにくい特徴を持つ「篆書体」が向いてます。
実印のサイズは15mmから18mmが適当です。

◆銀行印
金融機関に登録をしている印鑑です。
銀行印には「吉相体」、上下左右斜め八方に末広がっているため別名「八方篆書」と呼ばれる書体がおすすめです。
銀行印のサイズは実印より一回り小さい13.5mmから15mmが適当です。

◆認印
日常的にサイン代わりに一番良く使っている印鑑です。
認印には「隷書体」、「古印体」あたりが適切です。
認印のサイズは銀行印より一回り小さい12mmが適当です。

もう一つ準備をお勧めするのが「ゴム印」です!

不動産取引となると各種契約の度に、住所、氏名、連絡先を何度も書かなければなりません。
普段パソコンばかりで直筆で字を書く機会がほとんど無いので、これが非常につらい。

そこで準備したのが住所等が掘り込まれた「ゴム印」!
これが非常に便利!契約時の時短も図れるので準備することをお勧めします。


2. 会計ソフト
“確定申告”を”青色申告”で行うためには領収書・請求書・銀行振込の控えなどをとっておくと共に
“複式簿記”に基づき帳簿を作成しなければなりません。

簿記3級を受験しましたが、検定問題レベルの仕分けや決算書の作成でも大変です。

この経験から自分でエクセル等で帳簿を付け、青色申告決算書を作成するのは非現実的だと思いました。
決算時に数字が合わない状況に陥ったらほぼ修正不可能。少なくても私には無理です。

そこで会計ソフトで最もメジャーな「やよいの青色申告」を購入しました。

不動産賃貸業にも対応しており、簿記の知識が無い方でも簡単に帳簿付けでき、
青色申告に必要な書類の作成もできるので非常に便利!

購入必須です。

 

3. ICカードリーダー
これは後追いで購入しました。

不動産賃貸業を始めて最初の確定申告は、家で書類を作り後日税務署へ持っていきました。

で、税務署に着いて絶句! 想像以上に確定申告する人で税務署がいっぱい、長蛇の列!!
ただただ提出するためだけのために半日費やしました。

これはやってられん!次回からは”e-Tax”だと思い、即ICリーダーを購入しました。
e-TaxにはマイナンバーカードとICリーダーが必要ですので、是非みなさんもご準備を。

【あす楽対象】 ソニー 非接触ICカードリーダー/ライター[USB接続] PaSoRi(パソリ) RC-S380[RCS380P]

価格:2,320円
(2016/11/9 22:35時点)
感想(20件)

投稿日:

執筆者: